アルピナB10 イグニッションコイル交換

2021/04/07 ブログ

みなさんこんばんわ。

あっきーです。

今回はH9年アルピナB10、エンジン不調での入庫になります。

症状を確認してみると、せっかくのV8エンジンもかなりガタガタと振動していて、このままでは可哀そうです。

テスターをあてて診断してみます。

 

 

すると№5、№6シリンダーのミスファイヤエラーが入力している様子。

年式も古いので、コネクターや配線等‥点検していくと

どうやらIGコイルがダメな感じです。

以前もコイル交換されている様子でしたが、壊れているなら仕方ありません。

№5,6のコイルを交換します。

IGコイルも色々なメーカーから供給されている為、見た目が不揃いなところが少々気になりますが・・・

こんな感じで交換終了です。

 

最後にエンジンカバーを取付てから試運転とエラーチェック。

エラーも消えて、本来のアルピナらしいとても滑らかなエンジンフィールに戻ってくれました。

やっぱりアルピナはこうじゃないとね!!