ホイールの汚れが気になる方は是非低ダストパッドをお試し下さい!輸入車のメンテナンスならエムラインにお任せ下さい!!

2020/12/22 ブログ

こんばんは!SEです。

輸入車のホイールの汚れが気になっている方も多いと思います。

輸入車は国産車と使っている材質が違い国産車が(長持ち、ブレーキ鳴き低減)に対して

輸入車はブレーキパッドとブレーキローターを両方削りながら少しでも早く停止する。

これはブレーキ性能を優先して作られている為です。

 

今回はメルセデスベンツ Eクラス(W212)の作業風景です。

 

画像は交換前のブレーキパッドの様子です。

残りは2ミリほどでチェックランプが点灯しております。

外したブレーキパッドです!見事に使い切ってます。

ここまで減ると音も出てきてしまいます。

今回はDIXELの低ダストパッド MTypeを使用しました。

ブレーキパッドセンサーももちろん交換致します。

 

比べるとこんなに厚みに違いがあります!

交換はそんなに難しくはありません。

 

がそのまま取り付けすると

ブレーキ鳴きが出てしまいますのでヤスリで面取りしてあげます♪

あとは外した逆手順で取り付けし完成です。

最後に新品センサーを取り付けして片側終了です。

もう片側も同じ手順で交換すればフロント作業は終了です!

 

せっかくいいホイールを履いても洗うのが面倒だからデザインを変えようかななんて考えている方は

ホイール交換と同時にブレーキパッド交換もおすすめ致します。

お問い合わせお待ちしております(^^♪